トップページ
つるしびな大百科トップページへ


つるし雛の由来
つるし雛って?や作られるようになった由来等のご紹介


吊るしひな飾りの意味
1つ1つの細工物の意味や云われのご紹介


ゆかりの地
つるし雛が伝わる、全国3箇所のゆかりの地


吊るし雛の種類
吊るすタイプや置くタイプなど種類はさまざま!


飾り方・しまい方
つるし雛の飾り方・飾る時期・しまい方等のご案内


写真ギャラリー
美しくて大きな写真でつるし雛をご紹介します!





つるし雛 ゆかりの地


つるし雛の風習は全国でも珍しく、
静岡県では「雛のつるし飾り」、福岡県では「さげもん」、
山形県では「傘福」と呼ばれ、親しまれています。

この3つの地域が、歴史的な背景や由来・文献等の残るゆかりの地となっており、併せて「全国三大吊るし飾り」とも呼ばれます。

どの地域においても、その起源は江戸時代末期ではないかと考えられています。


福岡県柳川のひなまつりに飾る「さげもん」は、江戸時代末期より、女の子が生まれた家に「初節句のお祝い」として、布の端切れで小物を作り飾ってお祝いしたのが始まりだとされています。縁起の良い小物が吊るされ、一つ一つ袋ものになって物を入れることができるのが特徴です。
「さげもん」は、ひな壇の両脇に飾られ、客人を招いたお祝いの席で披露されました。家族・親戚・近所の方など、たくさんの人に祝ってもらった女の子には、たくさんの幸せが訪れるといわれています。

[写真提供・文章参考]
ひなの国 九州HP トップページ[外部リンク](九州観光推進機構様)


静岡県では、古くから雛人形などに使われる木工細工が盛んで、現在でも多くの手工芸品が作られています。
その中の1つとして、江戸時代後期より「つるし飾り」が作られるようになり、「雛人形」の代わりとして雛祭りに飾られました。 雛人形はとても高価であったため、高貴な家でしか購入することができなかったのです。 家族や、親戚、近所の人たちが、少しずつ布の切れ端でお人形を作って持ち寄り飾られたことが、「つるし飾り」の始まりといわれ、子や孫の成長を願うやさしい暖かい心を込めた風習として、現在も大切にされています。
県内でも稲取地区など吊るし雛で有名な観光地では、シーズンには多数の観光客でにぎわっています。


山形県の「傘福」は、開いた傘の下にぐるりと布をめぐらし、その傘の下に、様々な意味合いの縁起物を吊り下げるのが特徴です。
特に「酒田市」がつるし雛の産地として有名で、酒田まつり(山王祭)では、豪華な山車が練り歩きますが、このうちの1つ、庄内藩や米沢藩の財政改革を支えたといわれる「本間家(本間光丘)」の亀傘鉾において、傘の先に縁起物が吊り下げられた飾りが披露され、「傘福」はこれに由来しているのではと考えられています。